忍者ブログ

シアワセ ユキの小部屋

あの頃ミュージック100回目西日本放送2017.8.21



   今週の放送が通算100回目の放送。
約2年この番組を続けて、2年前よりは少しは上手にお話できているといいかな。
ラジオ番組のゲストで一番印象に残っている、楽しかった番組の吉田照美さんをお迎えしてお送りしたい。
『吉田照美のあの頃ミュージック』になってしまうかもしれないけど、皆さん最後まで聴いてください。


  
    ♬ 夢をあきらめないで ♬


  喚べない人でお会いしたい人は『オードリー・ヘップバーン』 お会いできる訳ない。



  普段却下するような質問にも吉田さんが突っ込んでくれるのではないかと、スタッフが悪のりをした。
吉田さんが質問して、私が答える。

   
  『待つわ』のその後

『かわいいふりしてあの子 わりとやるもんだね』『待つわ いつまでも待つわ』が強烈なインパクトだった。
先入観もありその後の恋愛事情に支障を来したのではないか。
なかなか良いツッコミです。
歌詞誕生秘話 実話? 想像力で出て来た言葉?


  予備校へ通っていてその後遠距離恋愛だった。
離れた大学へ行ってしまって自然消滅みたいな感じになっていた方に、
今も思っていますよ、との気持ちを伝えたくて。
その当時ポプコンの嬬恋本選会まで行くと、コッキーポップで曲を架けて頂けるので。
遠くへ行ってしまった相手に聴いてもらいたい一心で書いたので、実話と言えば実話。

遠距離恋愛のその後はどうなった? その方と会うことはなかったのか? 

  プロになる前に(その曲が)架かった時に電話をして『聴いて貰えた?』『聴いたよ』
ちょっと会話はあったけれど。
その後プロになって忙しくなって終わってしまった。

『かわいいふりしてあの子 わりとやるもんだね』このフレーズは流行語のようになった。


曲先で、歌詞をパズルの様にはめ込み。『待つわ』が最後にありきで書かなければならない。
頭にふっと浮かんだ歌詞がこれで、たぶん私おとなしく見えて喋ったりするほうではなくて、私が私がって。
でも心の奥にはシンガーソングライターになりたいマグマのような気持ちがあった。
決しておとなしかったり静かではない。
そういう人がチャレンジしているとか、恋愛の時とか色々と言われた。
よく『かわいい顔してあの子』とか間違えられて、『何考えてるんだ』と言われた。
『いえいえ、ふり です』 パズルではまってしまった。
その人に届ける事しか考えていなかった。

  なんでこんなすごい曲創れたのかな。
清純派の女子大生、退いている感じ。

今も言われます。



    ♬ 待つわ ♬


   
  私絵心がなく羨ましい、全然ダメ。
小学校の通信簿は五段階で普通。
中学生で確実にフクロウを写すようなちゃんとしなければならない時は二だった。




  「思い出のメロディー」のリハーサルに午前10時から入った。
とっても綺麗だったよ。
浅丘ルリ子さんが『姪っ子たちが昔よく歌ってたから、私覚えちゃったわ』と言って下さった。
私が創った曲やあみんの存在をご存じなんだ、凄く嬉しくて『ありがとうございます』と。
家に帰って母達に『浅丘ルリ子さんとお話しが出来たんだよ』と話した。
本当に宝物になりました、この言葉が。



   吉田照美さんからのラジオのアドバイスを参考にさせて頂いて、
これから150回 200回 そして236回。 なんじゃこの数字は?
と頑張りたいと思いますので、皆さんヨロシクお願いします。


  
   孝子からのお知らせ


   まち音

    9月16日北斗市
    9月18日村上市
    10月1日種子島
    10月4日日野町


   T's GARDEN

    10月15日三木町
    10月29日亀山市 

   
   クリピク

    12月8日東京
    12月12日駒ヶ根
    12月14日名古屋
    12月23日大阪










    『その後の恋愛事情に支障を来したか』には、コメントがなかったですね。
この部分が聴きたかったのにね(^^)/~~~



PR