忍者ブログ

シアワセ ユキの小部屋

新しいスタート


  その日は突然やって来た。

三木町のライブの翌朝、感謝の言葉を告げる為に訪れた西日本放送本社ビル。

30年来孝子さんの大ファンで、昨日三木町の孝子さんのライブ後に訪問した事や、

2年間放送して頂いてるお陰で毎週対岸で孝子さんの美声を聴ける事など、訪問の趣旨を伝えました。

すると先方からもわざわざ訪問した事に対しての感謝の言葉と、

あの頃ミュージックは評判が良く、

『制作者サイドの打ち切りや孝子さんの降板が無い限り、来年4月以降も続けていきたい』との、

ファンとしては最高の言葉を頂きました。

そして、

その後の言葉にボクは複雑な思いでいました。

『11月1日からラジコプレミアムで放送が受信できます』

その日まで二週間。

3回を残すのみ。

『アナログ』を愛する者が、まさか真っ先にこの現実を知ってしまうとは、、、。



  毎週月曜日、特別な1日。どこの誰よりも早く孝子さんの声が聴ける。

『1週間に1度、孝子さんと2人きりのこの1時間』は、至福のひとときでした。

また孝子さんの声で『シアワセ ユキさん』なんて、呼ばれた時には、

心臓がどこまでも高鳴りまた全身鳥肌が立ち、震えが止まらない時がありました。

誰にも邪魔されない、そんなひとときも昨日10月31日で終わってしまいました。

次回11月7日の放送からは、どこの誰もが平等に聴けるのですね。

これも時代の流れです。

ラジコで便利になった反面、古い人間からすれば『普通の出来事』になってしまいます。

遠く広島近辺まで孝子さんの放送を聴くためにだけドライブした事が、今も懐かしく思い出されます。

2年間毎週月曜日の夜『あの頃ミュージック』を聴くために、瀬戸の島々や行き交う船の灯りを眺めつつ、

雑音の中の孝子さんの声だけを必死に聴き入ってた事も、いつの日か懐かしく思い出される事でしょう。

急に止めると心が風邪をひきそうなので、しばらくはいつも通りの岸壁に佇んでみようと思います。

孝子さんのお誕生日まで、頑張ってみようかな(^^)/~~~



  
  西日本放送さん、本当に貴重な時間を提供して頂き感謝申し上げます。


    ありがとうございました。






PR