忍者ブログ

シアワセ ユキの小部屋

T's GARDEN 三木町~『うどん』と『ライブ』と『あの頃』の旅

 まずは最初にお礼申し上げます。
今回のライブツアーにお誘い頂きました岡村孝子様、やはり『あなたにめぐりあう旅』って素敵でした。
そして『西日本放送へ行ってみようか?』との突拍子な提案に『ああ、良いね(^_^)v』と快い返事を頂き、
その後の珍道中にもお付合い頂きましたSさん、ありがとうございました。
想い出多き旅になりました(^^)/~~~
  これからも『生涯現役』で、ファン仲間とともに貴女を追い続ける事でしょう。



 今回の『あなたにめぐりあう旅』はこの一枚のハガキから始まった。
この時はその後に起きる波乱を想像もしていませんでした。
そもそもこのライブの申し込みが『往復はがき』だとは驚きました。
『Internetラジオ』収録がハズレだっただけに、正直嬉しかった。



 ファンクラブのチケットは無事届いたものの、満足のいくモノではなかった。
後日現地販売に全てを賭けて、何とか双眼鏡の要らない席を確保しました(^_^)v
でも当日まで本当に現地に立てるのか、不安な日々を過ごしていました。



 当日までが長かった。神戸のライブから4ヶ月とは言え、その間に『まち音』が4箇所も開催された。
当日も含め雨の連続の日々が続きます。
『雨女の孝子さん』と『雨男のこのボク』では、回復の見込みもありません。
本日のドライブの相棒は『After Tone』から『DO MY BEST』に変更。
『あの歌』も入ってます(^_^)v



 二時間かけてたどり着いたのは、丸亀市郊外の『あやうた製麺』です。
カーナビ装備でも不安です。
田園風景の中の古民家の納屋を、改装したものです。
一番の名物『オリーブ牛肉温玉ぶっかけ』を注文。



 庭も綺麗に手入れされ、本宅の玄関には招き猫と懐かしい黒電話がありました。
うどんはすごく美味しく、汁まで完食です。観光客と地元の人もいました。




 今回の『絵になる』一コマです。最近このような縁取りのアングルを気に入るようになりました(^_^)
外は稲の刈り取りが終わった田圃風景が広がっていました。



 雨が降ってなかったら琴電の『乗り鉄』か『撮り鉄』を予定していたのですが、結局琴平駅でパチリ。
雨降りは何が起こるかわかりません。先を急ぎます。



 途中の琴電の駅で、今まさに上り下り出発の電車に巡り逢えました。
また本日二軒目のうどん店『三嶋製麺所』は山の中。
カーナビセットしていても、現地到着数分前には、本当にココ???と信じられない道を誘導されました(^_^)v
車がやっと一台が通れる山道を数分、看板も暖簾もない古びた建物の前に二台の車が停まっていました。
もしやココでは?!と車を道に仮駐車し、玄関から中を見ると数人の人がいた。
メニューは『うどん』のみ。製麺所の一角を開放したモノです。
作業場との境のカウンターから『玉数』と『温かいか冷たい』かを告げ、10席足らずの空き席付く。
トッピングは生卵(30円)のみで、支払いも後払いです。
讃岐うどんの原点、コシのある『素のうどん』が味わえます。
これで170円です(^^)/~~~



 ライブ会場のある三木町までの途中の高松空港へ寄り道です。
後でわかったことですが、孝子さん達一行もここを利用されたようです。
どこの空港正面玄関も似た風景ですね。
東京方面からだと1時間で来られるなんて、信じられない(^_^;)
今住んでる所って、『陸の孤島』???



 雨の中三木町文化交流プラザに15時到着。開場まで1時間半もあり、ホール内を散策。Sさんと合流。



 テレビ出演の影響なのか、孝子さんの魅力なのか完売です。
お気に入りのチケットも取れたし、無事にこの場にいられる事に感謝です。
1曲目は何だろうか、『あの曲』は歌われるのだろうか。
お元気でしょうか、そしてたぶんご愛敬でトチリもありですね(^_^)v



 目も合い、手も振り返して下さいましたね(^^)/~~~
笑顔で目が合い、指差されりゃ嬉しくって嬉しくって ♡ ♡ ♡
 『迷路』だけでも充分満足のいく、至福の2時間でした(^^)/~~~
開場毎の日替わりはなかったけれど、定番もまた良いですね。
歌詞間違えた時の孝子さんも、少女のように可愛いかったですね ♡ ♡ ♡



 『お宝』もゲットし雨の中の『出待ち』も済ませ、高松の繁華街瓦町の居酒屋で孝子さん談義。
まずは地酒で喉を潤します。
ココまでの車中もずっと話していたのに、話題は尽きず。
あまりに夢中になりすぎ、コンロの海鮮などを焦がしてしまいました。



 普段は呑まないけれど、酒の肴が孝子さんだと二杯目お代りです。〆は雑炊とスィーツです(^_^)v






 翌2日目も朝から雨。ボンヤリ予定していた琴電と金刀比羅宮参拝は中止。
月曜夜に毎週お世話になっている『西日本放送』を訪問し、受付嬢に軽く挨拶してこようか。
ファンにとって至極の時間を提供して頂いてるので、感謝の言葉も言えたらな、、、なんて。 
軽く考えていたのでその後想像すらしていない展開に、二人とも天に昇る様な時間を過ごさせて頂きました。
『Amingのふたり』のように息の合った思いと質問に、担当者も快く対応して下さいました。
ファン冥利に尽きる言葉も頂き、ライブと共に想い出深いひとときでした。



 興奮冷めぬまま観音寺にある『湯屋 琴弾廻廊』へ移動。この時のカーナビ設定ミスで地道を延々2時間。
その上変な路地や行き止まりの堤防、軽四でも脱輪しそうな途中でカーブした踏切走行などを経て、
何とか昼前に到着したときにはグッタリでした。
『珍道中』の言葉ピッタリのひととき。
でも台本無しの旅もまた楽し、いやご迷惑だったかも(^_^;)
雨の降りしきる露天温泉に浸かり二日間の疲れとアルコールを落とし、
瀬戸の海が霞んでいる風景を肴に、ノンビリと食事をしました。




 ここの海岸も波が描く砂州が綺麗です。遠く水平線に沈む夕陽でも有名なようです。
いつの日かここを訪れる事もそう遠くないだろうと思いながら、この香川県の旅を終えました。(^^)/~~~


  



   ライブ セットリスト

   第1部

    1.四つ葉のクローバー

    2.夏の日の午後

    3.Good-Day

    4.迷路

    5.Time and again

    6.Believe


   第2部

    7.見返してやるんだわ

    8.一日

    9.forever

    10.NO RAIN, NO RAINBOW

    11.あなたにめぐりあう旅

    12.adieu 

    13.ずっと        

    14.大切な人

    15.愛という名の翼


   Encore

    16.夢をあきらめないで

    17.新しいスタート

    18.虹を追いかけて


PR